トップページへ > yatsubiyori(やつびより)
                   yatsubiyori(やつびより)




オモイトドケル ヤツビヨファーム

八ヶ岳山麓で、ここで生まれるモノを大切にちょっぴり豊かに感じられるモノづくりをしているyatsubiyori(やつびより)。
夏は畑で作物を作りながら、冬は雑貨をハンドメイドしたり創作活動などをしています。
そんなyatsubiyoriの夏の主活動は、畑部門「ヤツビヨファーム」。





ヤツビヨファームの土づくり



毎年苦労しながらも、枯草や、堆肥、微生物で土作り。いたってシンプルな栽培方法で育てています。
2016年からは本格的に土づくりについて勉強し、土壌医3級(土づくりアドバイザー)を取得。
土壌の状態を分析して、バランスの良い土壌になるように必要なモノを補いました。
まだまだ色々と日々勉強中。

土や、微生物や、虫さん達の様子を見守りながら、無農薬・無化学肥料で育てています。


土が凍みる冬眠期間

土も人も内側へ向かう季節には、「EMOtional K」として創作活動などを行っています。



創作のコンセプトは 「Emotional Creation」 大きくダイナミックな八ヶ岳のように。
土も、人も、新たな季節へムクムクと大切な準備を。

そんなEMOtional K。ハチモット連載コラムも宜しくです!
 →EMOtional Kのハチモットの連載コラムはこちら

ひそかに抱いてる将来の夢は、
皆が楽しめる会社を創って次の誰かにプレゼントすること&世界に羽ばたく芸術家




八ヶ岳の厳しい冬に、ハンドメイドする




八ヶ岳の厳しい冬時間。もう一つの活動、冬の手仕事。 yatsubiyoriでは、
暮らしが楽しくなるような雑貨をイメージして製作を行っております。

夏の忙しい活動期には、身体を動かし畑仕事を楽しみながら、
「冬になったら、あれを作ろう」と頭でイメージ。それを冬の手仕事の楽しみに繋げています。

日々の暮らしをほっこり

そんな暮らしの中から生まれたyatsubiyoriのプロダクト、「yatsu-shiki」(やつしき)。

八ヶ岳からお届けする、ハンドメイド“藁の鍋敷き”です。

手間ひまはかかりますが、
一つ一つ、少しずつ違う表情はオンリーワン。
そんなハンドメイドの良さをお届けできれば嬉しいです。




八ヶ岳の恵みがつまった「にんにく」と巾着袋。

にんにくの入った料理を食べたり、匂いをかぐと、元気になりますよね。
八ヶ岳の厳しい環境が育んだ「にんにく」は、香りもパワフルで滋味深い味わいが特徴。

皆さまのパワーの源に。食べて元気になってもらいたい!


日々の暮らしだから、ちょっぴり豊かに感じられるモノを

日々の暮らしで、ちょっぴり元気が出ない日もありますよね、、、

これがキッチンにあったら、ちょっと気持ちもルン♪っとなるような…
保存しておく時や、お料理をする時にも、楽しんでもらえる商品をイメージして…
結局は…自分が欲しいという理由で、にんにく保存用の「巾着袋」も作ってみました。





自分ひとりの時間も、そして貴方が大切なヒトと過ごす時間も、
楽しい時間になりますように!


暮らしの中の、小さな幸せになりますように!



商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜6件 (全6件)

1件〜6件 (全6件)

ページトップへ